反社会勢力に対する行動指針

当社は、断固たる態度で反社会的勢力を遮断し、排除するため、ここに「反社会的勢力への対応に係る基本方針」を定めます。

当社は、市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的な団体・個人に対して、毅然とした態度で臨み、名目に関わらず一切の関係を持ちません。


【基本方針に基づく行動指針】

1.組織としての対応

 反社会的勢力による不当要求には、経営陣をはじめとした組織全体で対応し、従業員の安全を確保します。


2. 外部専門機関との連携

 反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から、警察、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築します。


3. 取引を含めた一切の関係遮断

 反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係を持たず、不当要求に対しては拒絶します。

 また、反社会的勢力との関係が判明した場合や、疑いが生じた場合には、直ちに契約等の解除の措置を講じます。


4.有事における民事と刑事の法的対応

 反社会的勢力からの不当要求等に対しては、民事と刑事の両面から、積極的に法的対応を行います。


5.裏取引や資金提供の禁止

 反社会的勢力等に対しては、裏取引や資金提供、便宜供与を一切行いません。

上へ戻る